下書きブログ

なんでもかんでもネタになれば…

JTBの海外ダイナミックパッケージを使って海外旅行に行って来ました

2017/06/02

海外ダイナミックパッケージ(旧トルノス)を利用した場合の旅の流れを紹介します。
webサイトで航空券とホテルを選んで申し込むのですが、その後旅行当日になるまでどんな感じになるのか説明が特に無いですからね。

>>海外ダイナミックパッケージ(旧トルノス)についての詳細はコチラから

スポンサーリンク

安く旅行できる理由

ホテルと航空券を同時に予約する事によって金額が大きくなりボリュームディスカウントがあると単純に考えている人が多いと思いますが、実は割引になる理由は他にあるのです。

ホテルだけを予約したお客さんよりも、ホテルと航空券を一緒に予約したお客さんの方がキャンセルする確率がとても低くなるのです。

大きく値引きして販売する事ができる理由はコレなのです。
もちろん航空券をキャンセルされる率も低くなりますので、ホテルと航空券が割引になり得する事ができるのです。

通常よりも安い料金で予約できるホテル予約サイトや航空券予約サイトはたくさんありますが、ダイナミックパッケージを使った方が上記の理由で安くなるのです。

自分でPDFをダウンロードする

ダイナミックパッケージにwebから申し込むと自分専用のインターネットページが開設されます。
そこにログインして様々な情報を見る事になりますが、ツアーと違ってダイナミックパッケージはやる事が1つだけです。

それは3つのPDFファイルをダウンロードする事です。

・日程表
・eチケット(航空券)
・ホテル予約控え

旅行出発日の10日前くらいにダウンロードできる様になります。
予約する時に登録したメールアドレスに連絡が来るので確認してみて下さい。

ダウンロードしたPDFファイルはプリントアウトして旅行に持って行く事をおくことをおススメします。
スマホやタブレットに入れておくだけでも大丈夫かもしれませんが、何かしらのトラブルで表示できなかったりしたら大変ですからね。

eチケットは搭乗手続きをする時にパスポートと共に提示する物です。
ホテル予約控えは旅行先のホテルにチェックインする時に必要な場合があります。(必要が無くても提示してしまった方がスムーズに進むので楽です。)

これですべて終了です。
ダイナミックパッケージは本当に予約が出来るだけというサービスなのです。

どうやって飛行機に乗ったらいいんだろう、どうやって空港からホテルまで行けばいいんだろう、どうやって海外のホテルにチェックインしたらいいんだろうと思う人は海外ツアーを利用した方が良いでしょう。

シンガポール旅行

僕が一番最初にダイナミックパッケージを使って海外旅行に行ったのはシンガポールです。
往復航空券(シンガポール航空)とホテル・ジェン・タングリン・シンガポールを3泊予約して約12万7千円でした。

旅行代金

同じプランを海外ツアーとして予約すると17万円くらいになります。
空港からホテルまでの送迎があるくらいなのにこの料金差は凄いですよね。

公共交通機関が充実していない、治安が悪いと言った所でしたらツアーで行った方が何かと便利な場合が多いですが、シンガポールの様な先進国(?)に行く場合はツアーである必要は無いと思います。

>>海外ダイナミックパッケージ(旧トルノス)についての詳細はコチラから


-シンガポール