下書きブログ

なんでもかんでもネタになれば…

グランド・ハイアット・シンガポールに宿泊してきました。

2018/01/02

img_5754
2016年9月にグランド・ハイアット・シンガポールに宿泊しました。
地下鉄のオーチャード駅からとても近いですし、夜遊びもしやすいのでとても便利です。

img_5715
エントランスはとても広い。

スポンサーリンク

エコノミールーム

ホテルに着いたのは午前11時と予定よりも3時間近く早かったのですが、アーリーチェックインする事ができました。
深夜便でシンガポールに着いたので早くチェックインできるのはとても嬉しかったです。

宿泊したのはエコノミールーム(グランドキングルーム)と言うグランド・ハイアット・シンガポールの中で一番安い部屋。

img_5692
ベッドはキングサイズ。

img_5705
目の前にはテレビ。

img_5691
机もあったりする。

img_5704

img_5706
ベッド脇のコンセントは日本のやつをそのまま使えるタイプ。

img_5700

img_5701

img_5702
冷蔵庫とミニバーとか。

img_5699
急須もあった。

img_5696
洗面所。

img_5695
アメニティ。

img_5697
湯船とシャワー。

img_5698
前回宿泊したリージェントホテルはロクシタンだったけど、ハイアットのはあんまり良く無い。

img_5707
トイレ。

img_5708
トイレの横についてるシャワーみたいなのは何ですかね?
ウォシュレット的な使い方をするのでしょうか?
そうだとしても角度的にこれでア○○を洗うの大変じゃないですかね?

一番安い部屋だったのですがかなり広々としていました。
40㎡くらいの広さだったと思います。

スポンサーリンク

プール

img_5709
5階がプールなどのアクティビティエリアに。

img_5711

img_5761
プールはあまり大きくないけど、チェアー類はそこそこあるのでゆったり利用できます。

img_5758
シンガポールは雨や曇りの日が結構多くて、プールを快適に利用できる確率は僕の今ままでの経験では50%もありません。
日差しのある日は日光浴をする人で賑わいます。

img_5710
タオルがたくさん置いてあります。

img_5712
シャワー。

img_5762
プールサイドにはレストラン(オアシス)もあって、ここで飲み物や料理を頼む事も可能です。

img_5793
プールの奥にはテニスコートもありました。

スポンサーリンク

レストラン

グランド・ハイアット・シンガポールには6つレストランがあります。
その内の1つメッザ9を利用しました。

メッザ9は手軽に利用できるレストランとバーです。
カジュアルな服装をしたお客さんも多かったです。

img_5769
レストランエリアで頂いたお寿司とお刺身の盛り合わせ。
これで70S$(約5000円)くらいだったと思う。

img_5753
バーエリアで飲んだシンガポールスリング。
シンガポールスリングはけっこう好きなのでラッフルズにあるロングバーにも行ってみたい。

料金は?

グランド・ハイアット・シンガポールのエコノミールーム(グランドキングルーム)はアゴダで予約すると1泊25000円くらいになります。

僕はJTBのダイナミックパッケージを使って航空券と一緒に予約しました。
航空券とホテルを一緒に予約するとかなり割引がありますからね。
(航空券とホテルを一緒に予約する人のキャンセル率は別々に予約する人に比べると低いので、割引がかなり利いているそうです。)

どうしても泊まりたいホテルや乗りたい便があって、それがダイナミックパッケージで予約できないのであれば仕方ないのですが、そうでなければJTBに限らず旅行代理店各社のダイナミックパッケージを利用するのがお得でしょう。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab20160909

シンガポール航空の往復航空券とハイアット3泊で13万円。
往復航空券が59,000円くらいするので、航空券とホテルを別々に予約するよりも少しは安くなっています。

>>JTBダイナミックパッケージを見てみる

日本語非対応の宿泊サイトなどを除けばほぼ最安値になっていると思います。
キャンセルなどについても融通が利きやすいので、ダイナミックパッケージは重宝しています。


-シンガポール