下書きブログ

なんでもかんでもネタになれば…

2016年の株式投資成績は+391万円!トレードはたったの4回だけでした。

2017/01/14

2016年は評価額ベースで+3,916,586円、確定ベースだと+2,069,604円と言う結果でした。
まだまだ投資のみで食べていくのは無理な金額です、

僕は勤め人を9年前に辞めて、それからずっとアフィリエイトをメインの仕事として生活しているので、株である程度の結果が出たとしても生活スタイルは今と変わらないと思います。
安定とは言えませんが、ほぼノーリスクのアフィリエイトを辞める必要はありませんからね。
作るサイトの種類や時間軸などは変わっていくでしょうが。

2012年:+4,321,822円
2013年:+8,178,167円
2014年:+351,480円
2015年:-2,446,681円
2016年:+3,916,586円

ここ5年間の推移です。
副収入だったら悪く無いですが、メインとしてはまだまだ考えられるレベルではありません。

スポンサーリンク

トレードの思い出

2016年のトレードはたったの4回だけでした。
小さい買ったり売ったりはたくさんありましたが、やるぞ!と決めてなんかしたのは4回だけ。
去年から持ち越したモバイルファクトリーとまだ持ってるパートナーエージェント、IBJ、クレディセゾンの4つ。

モバイルファクトリーについては「モバファク(3912)の思い出を語ろうか」に書いておいたので、それ以外の3銘柄について振り返ろうと思います。

パートナーエージェント

銘柄を探す時、僕は時価総額の低い順に見ていく。
気になった物があれば軽く調べて見る。
その中で一番最初に引っかかったのがパートナーエージェント。

本業がアフィリエイターなので婚活業界については少しだけ詳しい。
結婚相談所の中ではオーネット、ツヴァイ、IBJメンバーズ、パートナーエージェントがアフィリエイト広告を積極的に活用している。
パートナーエージェントは後発ながら他とはちょっと違う特徴を持っていて差別化しやすい広告主。
ただ店舗数が少なく運営するサイトで紹介するには効率が悪いというイメージがあった。

数年ぶりに店舗状況などを見てみるとかなり増えていた。
そして売上も利益もかなり良い感じで伸びていた。

黒字で伸びてて低位株。
一番好きなタイプだ。
しかも婚活は少子化対策でも絡んでくる可能性がある。


オレンジの矢印の所で買い上がりました。
いい感じかなと思ったのですが、すぐに下がり始める。
損切りしないで赤い矢印の所でナンピンする。

ナンピンしながらいろいろ考えてる時にIBJの方が良いかもと考えだす。
パートナーエージェントはこのまま放置。

IBJ

パートナーエージェントを買う時にIBJについても軽く調べていた。
時価総額が5倍くらいあったのですぐに候補から外してしまったけど。

婚活パーティーなどイベント事業を軽視していた。
結婚相談所とか婚活サイトの方がストック型になるので売上利益を積みやすいかなと。

でも違った。
めちゃめちゃ伸びてるし、めちゃめちゃ利益出てる。
オワコンだと思っていた街コン運営のリンクバルでさえ伸びてるくらい。


赤い矢印の所で買い進めた。

一時は新高値を取りながら上昇した。
この時はIBJを買い増す方向にシフトしておいて良かったと思ったけど、今はパートナーエージェントの方が期待が高い。
分売り・分割をこなして一部鞍替えをハッキリと狙っている。
今はもう鞍替え投資法は良く無いと言われてるけど。

婚活2銘柄をいつまで保持するかとかは決めてない。
ただどっちかに絞ろうかなとは思っている。

クレディセゾン

フィンテックと言うかキャッスレス銘柄という事でクレジットカード業界には注目していた。
クレジットカード大好きな外国人さんもたくさん訪れるオリンピックもありますし。

最大手のクレディセゾン、小売業から完全に変貌した丸井グループ、イオンと言う最強の勧誘場所を持つイオンファイナンシャルサービスのどれか行きたいなとずっと考えてました。


赤矢印の所でクレディセゾンを買い上がりました。

クレディセゾンを選んだ理由はなんとなくです。
なんか行けそうだから買いました。

スポンサーリンク

2017年に向けて

2017年はタイミングにこだわっていきたいなと思っています。
投資スタイルを大きく変える気は無いのですが、勝率の割に資産がまったく増えていないのです。

やるぞ!と思って買った銘柄のほとんどでナンピンをしています。
ナンピンをしていても高確率で最終的に利益が出ているのは不思議ですが、時間的・資金的効率が悪すぎるのでタイミングにこだわっていきたいのです。


持ち越しているのはこの3銘柄。
何故か含みは全部+8%。


-株式投資