下書きブログ

なんでもかんでもネタになれば…

ラッフルズホテルにあるロングバーで本場のシンガポール・スリングを飲んできた

2018/01/02

シンガポールでカクテルと言えばシンガポール・スリング
そのカクテルの発祥のバーと言うのがラッフルズホテル内にあるロングバーだそうです。


ラッフルズホテルは全室スイートの5つ星ホテル。
最低でも1室50,000円はかかりますが、ロングバーは宿泊者以外も利用できるので大丈夫です。

>>ラッフルズホテルの宿泊料金を見てみる

マリーナベイサンズよりもラッフルズの方が僕的には泊まりたいホテルです。
MBSに行った事がある人ならわかると思いますが、めっちゃゴミゴミしてるし、ドアマンやフロントの対応とか雑ですし、あのプールでSNS用の写真を撮る以外はまったく魅力が無いホテルだと思います。

あっ、カジノに行くのに便利か。

スポンサーリンク

ロングバー


店内の雰囲気。
けっこうカジュアルな雰囲気のバーになってます。
ドレスコードは一応あるみたいですが、短パンの男性とかもいました。

それから、日本人観光客がめっちゃ多いです。
僕が行った時は客の3分の1くらい日本人だったように感じました。


シンガポール・スリングは31ドルと他で飲むより少々高い。
でも美味しい気がする。


カジノで飲んだやつ。


ハイアットのバーで飲んだやつ。


シンガポール航空機の中で飲んだやつ。

いろいろな所で飲んでみたが、ロングバーで飲んだのが一番美味しかったという事にしておこうと思う。

メインは落花生だ!


日本で言うお通しみたいなもんで、各テーブルに麻の袋に入った落花生が置かれている。
これはお土産としても購入可能。


落花生の殻はどんどん床に捨ててOK。
床に殻を捨てる為に落花生を食べていると言ってもいいくらいになってくる。

ロングバーどんな所だった?と質問したら、大半の人は落花生の殻を床に捨てて来た話をするでしょう。

1杯でOK

ロングバーで長居しても無駄にコストがかかるだけなので、シンガポールスリングを一杯飲んだら他のお店にはしごするのも良いのでは無いでしょうか?

スイスホテルが隣のブロックにあるので、ニューアジアバーに行くのも良いと思いますし、飲食店の多く集まるチャイムスもまたその隣にあります。

チャイムスでご飯食べて2軒目にロングバーの方がいいか。


-シンガポール