ゆういちろうのアレ

職業は<s>個人投資家</s>アフィカスです

ソシエが三越伊勢丹HD傘下など、いつの間にかエステ業界が大変動していた

2017/03/30

パートナーエージェントとIBJの株を買った事をきっかけに婚活ジャンルのアフィリエイトに力を入れている。
元々取り組んではいたんだけど、企業分析していく内にアフィリエイターとしての視点だけで見ていたら分からなかった事がたくさん出て来て、もっと違うコンセプトでサイトを作った方が良いのではないか、狙っている案件が間違っていたなんて事に気づいた。

何より業界がしっかりと成長しているのがわかり、本格的に取り組むのに適していると感じた。

広告費を多く使う業界じゃないといくら成長していても意味は無いのだが、婚活ジャンルは多くは無いが使っている方なので問題無い。
どんなに広告費を使う業界でも、市場が伸びていなければ増え続けるアフィリエイター同士のパイの奪い合いになってしまい将来的に厳しい。

ここからが本題。

僕が取り組んでいるジャンルの中で、売上割合が大きいのがエステサロン
今年に入ってから大きく落ち込んでいて、テコ入れするのかそのまま放置するのか悩んでいるので、業界についていろいろ調べて見た。

美容系は広告にかなりのお金を掛けるので、昔から稼げるジャンルとして有名。
特に脱毛系の予算は多く、電車内の広告などでもたくさん目にする。

そんなエステサロンが今は凄い事になっている。

以前はエステの脱毛はグレーな事業とみなされていて、上場審査を通過する事はできなかった。
実際にラ・パルレが過去に上場する時には脱毛を分離し、別会社にして切り離したくらい。

それなのに今は上場企業に買収され放題。
上場企業子会社となったエステサロンがたくさんある。

スポンサーリンク

RVH

エステサロン買収の先陣を切ったのがRVH。
2016年1月にミュゼプラチナムを買収した。

ミュゼプラチナムは脱毛サロン大手で、グレーとされていた脱毛事業を上場企業が保有する事になる。
これが買収劇を加速させたと言っても良いと思う。

エステサロンは強引な勧誘の件などリスクも高いと思うのだが、資本がだぶついている企業にとっては売上を積むにはちょうど良いのかもしれない。

RVHは2017年2月にたかの友梨ビューティクリニックを運営する不二ビューティを完全子会社化、さらに2017年3月にはグロワール・ブリエ東京からエターナルラビリンス事業を承継する。

IRページを見ても各サロンの詳しい経営状況がわかる資料が見当たらない。
ミュゼに関しては買収後3ヶ月間は発表されていたのだが、その後は良く分からない。

・平成28年3月期3月度「株式会社ミュゼプラチナム」の業績に関するお知らせ
https://rvh.jp/images/2016/11/0422.pdf

短信によるセグメント売上を見る限りはミュゼの契約件数はは横ばいだと思う。
約19,000件の毎月の新規加入者の内、何人がアフィリエイト広告経由なのだろうか?

三越伊勢丹HD

知らぬ間に三越伊勢丹がソシエを買収していた。

・SWPホールディングス株式会社(株式会社ソシエ・ワールドの持株会社)の株式取得(子会社化)に関するお知らせ
http://pdf.irpocket.com/C3099/DZbR/r2KT/Gtqj.pdf

大手エステサロンの中ではソシエは高級感のある方だと思う。
物を売る以外のコンテンツが欲しいと考えている百貨店にとってちょうど良かったのだろう。
エルセーヌとかあっても安っぽいしね。

IR資料を見てもソシエ単独の状況が良く分からない。
グループに入った事でソシエのブランド価値は上がったような気もするが、僕達アフィリエイターの報酬増には中々つながらなそう。

ソフトフロントHD

案件があるのか分からないだけど、ベル・ルミエールと言うエステサロンをソフトフロントHDが2016年11月に買収し子会社化しました。
ベル・ルミエールはイオン内などを中心に国内に34店舗、海外に4店舗を展開している。

買収理由は自社開発したシステムをエステサロンで利用し、その実績を元に他のチェーン店へ営業をかける為らしい。
本当かな?

IR資料を見ても新規顧客獲得数や経営状況の詳細はわかりません。
会計上の不備があったらしく大変だったみたいなので、今後出て来るかもしれませんが。

スポンサーリンク

新規契約件数

アフィリエイターにとって大切なのは新規契約件数。
ミュゼで月間19,000件と言うのは頭に入れておいた方が良い数字。

僕の脱毛ジャンルの売上はほぼミュゼ。
同じような状況になってる人も他にいると思う。

別業種のプレミアムウォーター(ウォーターサーバーのクリティア)の月次はこんな感じ。

・平成29年3月期2月度の月次概況に関するお知らせ(速報)
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/25880/5246d98f/9501/4daf/aab8/40687d55e117/140120170310416658.pdf

ミュゼに引けを取らない新規契約数がありますが、ショッピングモールなどでの勧誘からの契約などが多くありそうなので、脱毛エステに比べるとネットからの契約は少ないと思う。

ただしクリティアの他にコスモウォーターやフレシャスなどの強いプレーヤーも多く存在するので、市場規模的にはこっちの方が大きいのかもしれない。
単価も悪く無いですし。

エステをテコ入れするか、ウォーターサーバーに力を入れるのかちょっと迷っている所だ。


-アフィリエイト