ゆういちろうのアレ

ฅ^•ﻌ•^ฅฅ^•ﻌ•^ฅฅ^•ﻌ•^ฅฅ^•ﻌ•^ฅฅ^•ﻌ•^ฅ

シンガポール・マリーナエリアにあるフラトンホテル(The Fullerton Hotel)は満足度の高い高級ホテルだった

2017/07/04


2017年のゴールデンウィークに宿泊したフラトンホテルはシンガポールの中でも高級なホテル。

歴史のあるお城みたいな建物だけど、建造は1928年。

元々は政府機関の施設だったみたいだけど、2001年にホテルに生まれ変わったらしい。

マリーナエリアを観光地化するための再開発の一環でしょうか?

スポンサーリンク

ホテル内


メインエントランス。
微妙に階段ばっかりなのも古い建物の典型。


入ってすぐの所にいたフラトンベアー。
中に人が入っているのではと思うくらいでかい。


建物の中は吹き抜けになっていて、コートヤードではハイティーを楽しめる。


お部屋までの廊下の雰囲気。
部屋数はけっこう多い。

コートヤード


宿泊したのはコートヤードルームなので部屋の窓からハイティーしている人達を見放題。
難点は朝起きた時に天気がわからない事。


部屋の広さはまぁまぁ。


ベッドの所にいたフラトンベア。
コンラッドベアみたいに貰えるのかと思ったら22ドルで売られてた。


ベッドサイドにあるコンセントは日本のがそのまま使える奴。


有料のお菓子。


冷蔵庫の中身。


お茶のセット。


グラス。


お湯沸かす奴。


部屋に比べると広いバスルーム。


化粧台。


アメニティ。


ドライヤー。
海外のホテルの化粧台って電源が何故か無くて、ドライヤーを鏡見ながらできなかったりするけど、フラトンはそんな事無くて良かった。


バスルームの奥にあるトイレはウォシュレット付き。
これは有難い。

プール


2階のリバー側にあるインフィニティ風プール。


天気の良い日は混みまくり。
チェアーの空きを見つけるのが大変かも。

1時間くらい日光浴してたらかなり焼けた。
ゴールデンウィーク時期は日差しが強いんだと思う。

フラトン・ヘリテージ


フラトンホテルがあるエリアにはフラトンベイホテルやワン・フラトンと言った施設もある。
マーライオン公園もフラトンヘリテージの一部らしい。


レストランやバーがたくさんあるので宿泊中は食事に困りませんでした。
写真はワン・フラトンの日本食レストランで食べたランチの一部。

ルーフトップバー


最上階にあるザ・ライトハウスというレストランにはルーフトップバーもあり、そこが本当に雰囲気が良いのでおススメです。
フラトンベイホテルのルーフトップバー、ランタンよりもこじんまりしていますが、その分景色も良く見えますし、落ち着いていていいのではないでしょうか?

ワインのボトルと料理を2品頂いて200ドルくらいでした。

大満足!

8回目のシンガポールですが、今まで一番良いホテルでしたね。
お値段も一番でしたが。

コストパフォーマンスを考えるとタングリンにあるリージェントホテルが物凄い良いのですが、ラッフルズプレイス駅からすぐでマリーナエリアにあると言う立地や、施設の綺麗さや雰囲気を考えると圧倒的にフラトンホテルですね。

お値段が高いと言っても海外のホテルは人数じゃなくて部屋数で請求されるので、1人あたりを考えればこのレベルであれば問題無いと言うか、お得じゃないかと思うくらいです。
また泊まりたいと思いました。

>>フラトンホテルの宿泊にかかった料金は○○円でした!


-シンガポール