ゆういちろうのアレ

ฅ^•ﻌ•^ฅฅ^•ﻌ•^ฅฅ^•ﻌ•^ฅฅ^•ﻌ•^ฅฅ^•ﻌ•^ฅ

ギンモーマーケット(Ghim Moh Market)でシンガポールのローカル感を楽しんできた

2017/07/04


2017年のゴールデンウィークにシンガポールに行った際にギンモーマーケットというローカル向けのウェットマーケットに行ってみました。
日本人と言いますか、観光客なんて誰一人いませんでした。

スポンサーリンク


ギンモーマーケットはシンガポールの西部にあり、MRTのブォナ・ヴィスタ(Buona Vista)が最寄り駅となります。
ブォナ・ヴィスタへは東西線(East West Line)か環状線(Circle Line)で行く事が出来ますが、中心部からはそこそこ時間がかかるので気を付けて下さい。


駅からは歩いて10分~15分くらい。
お昼過ぎくらいに行ったので暑くてかなりきつかった。


マーケットはHDB(シンガポールの団地)がたくさんある中にある。
だから規模がそれなりに大きいみたい。


生鮮食品を扱い床が濡れる所からウェットマーケットと呼ばれているらしい。
昼過ぎだと魚や肉の屋台はもうやってない。


野菜と果物の屋台だけはやってた。


マーケットの裏側はホーカー。
ここのHDBに住んでる人はきっとここでご飯を食べるのだろう。


行列の出来ているお店があったので並んでみる。
fried kway teow(チャークイティオ)は麺を炒めた料理。


日本で言う「食べログ話題のお店」みたいな物だろうか?
どうやらホーカーの中で有名なお店らしい。


4ドル(約320円)の物を買ってみた。
確かに今までホーカーで食べてきた麺の炒め物の中ではかなり美味しい。
貝の出汁とソースがいい感じ。


マーケットを取り囲むHDBの1階部分は商店になっている。
日用雑貨やスーパーマーケットなどがあった。


普通のパン屋さん。
売ってるものも普通。


ローカル感が凄いパン屋さん。


ローカルの食パンはやけにカラフル。
包装も雑。


ケーキの上におもちゃが乗ってるのはびっくりした。
チョコで出来てるとかじゃなくて、普通のおもちゃ。
食べられない奴。

ギンモーマーケットは中々面白かった。
海外だけでなく日本でもなんだけど、ローカルマーケットはやっぱり面白い。


-シンガポール