下書きブログ

なんでもかんでもネタになれば…

「相場心理学入門・ゾーン」を読んだ

2015/07/17

投資の勉強にまた取り組もうと思って買ったまま読んでなかったゾーンを読みました。
この本を買ったきっかけは誰かに紹介されたとか、ブログで紹介されてるのを見たからだと思います。
買うだけかって読んでなかった本部屋にたくさんあるんですよね。

ゾーン [ マーク・ダグラス ]

価格:2,940円
(2013/10/24 05:56時点)
感想(54件)

内容ですが、ひたすら感情面について書かれています。
僕は自分的にはファンダメンタル重視の長期的な投資活動を行っていると思うのですが、冒頭でいきなりファンダメンタルを否定されてしまいました(笑)

で、内容はと言うと
「希望的観測に自分の行動が影響されていないか」
それは負けトレーダーの行動原理だぞって書いてあります。
これをいろいろな角度から何度も何度も説明しているって感じでした。

良く自分で作ったルールを破るなって話は聞きますよね。
何%下がったら損切しようってルールを決めているのに、これ以上下がる事は無いだろうってホールドして損失拡大させちゃうとか
その逆に何%上がったら利確するってルール決めてるのにもっと上がるだろうってホールドしちゃって利食えなかたっとか

結局トレードは自分の感情との戦いなんだぞっていうのを理解させてくれる本だと思います。
最後の11章にトレーダー的な考え方が書いたりますので、10章までをサーッと読んで11章だけしっかり読んでもいいかなって思います。

トレードで稼ぐ方法と言うよりも、トレードをする前に知っておいたほうが良い心構えが学べると思います。
でも、トレードをある程度したことが無い人には読んでも何の事だかわからんって感じになってしまいそうですが。

おススメの一冊だと思います。

僕はカブドットコム証券を使っています。
カブドットコム証券




-読書感想文