下書きブログ

なんでもかんでもネタになれば…

函館まで東北・北海道新幹線のグランクラス(Gran Class)に乗って行って来たから、車内で食べたお弁当やお酒の写真を紹介する

2017/12/30


東北・北陸新幹線はやぶさ号にあるグランクラス(Gran Class)という特別車両に一度乗って見たかったので函館まで旅行してきました。


グランクラスははやぶさ号の先頭車両にあります。

秋田新幹線のこまちにはグランクラスはありません。


グリーン車が4列シート55席になのに対して、グランクラスは3列シート18席しか無くとてもゆったり。

写真は新青森北斗駅で乗車後に撮った車内で、上り列車は盛岡を過ぎた頃には席が埋まっていました。


車内ではスリッパに履き替えてのんびり過ごす事ができます。

スポンサーリンク

飲食サービス


グランクラス車内ではアルコール&ソフトドリンクが飲み放題の他に、軽食とおつまみ・茶菓子のサービスもあります。


僕が選択した和軽食のメニューは下りと上りで異なり、これは下りの東京篇。(洋軽食は上りも下りもメニューが一緒)


量はあまり多く無いですが、お酒のお共にいい感じです。


上りの和軽食です。

下りの方が美味しかったね。

おつまみ・茶菓子


おつまみ・茶菓子はパウンドケーキとおかきです。

数に限りがありますが、おかわりする事も可能だそうです。


パウンドケーキはチョコ味でした。

お飲み物


ビールはエビス。


日本酒は秋田の松声。


赤ワインはオリジナル。

安い味がした(笑)


スパークリングアルコールはAOMORI CIDRE。

JR東日本青森商業開発(A-FACTORY)が青森県産りんごの使って作っているりんごのお酒。

ちょっと甘かった。


ホットコーヒー。

スポンサーリンク

料金は??


東京駅から函館駅までの切符の値段ですが、通常の往復運賃が21,380円(往復割引が適用されない場合の片道運賃は11,560円)かかり、その他に片道26,720円のグランクラス料金がかかります。

はやぶさ号は全席指定で片道新幹線料金は11,330円となり、グランクラスよりも15,390円安くなります。

指定席での往復が合計44,040円、グランクラスが合計74,820円なので、1.7倍くらい掛かる事になります。

次回どうする?

グランクラスは国際線飛行機のビジネスクラスと言った感じで、静かでゆったりとした空間でした。

エコノミークラスとビジネスクラスの価格差が4倍くらいあるのに対し、グランクラスは1.7倍とかなり手頃な料金です。

もし僕が今の経済状態のままでしたら、次回函館まで東北・北海道新幹線を利用する時もグランクラスを選ぶと思います。

スポンサーリンク

新青森北斗駅


新青森北斗駅で函館駅行きのはこだてライナーに乗り換える。

雪国凄い。


新函館北斗駅構内にはこんなヒーターも。


新函館北斗駅前のポストの上に乗ってる「ずっしーほっきー」。

北斗市の特産物がホッキ貝で、そのお寿司のゆるキャラだそうです。


函館滞在中に塩ラーメンを食べる機会が無かったので、駅前にあるホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗の1階にあるラーメン屋「おんじき庭本」で帰り際に食べた。


すっきりサッパリした味で美味しかったです。

スポンサーリンク

函館観光


函館駅付近にいるのは観光客ばかりで、アジアからの外国人比率がかなり高い。


駅から歩いてすぐの所にある朝市。


市電の駅。

電車は10分間隔くらいで来るのですが、かなり寒くて雪が多い時に来てしまったので待ち時間がツラい。


600円の1日乗車券を買うのおススメ。

初乗り210円なので、3回乗れば元が取れてしまう。

ただし街の規模はあまり大きく無く、函館駅から湯の川温泉までタクシーを利用しても1,800円くらいなので、複数人で旅行している人は寒くて雪が多くて大変なので市電よりもタクシーを使ってしまった方が便利な場合もあると思います。


思っていたよりもずっと立派だった五稜郭。

雪で白く化粧されていて綺麗。


五稜郭前のラッキーピエロ。


函館駅前、松風町と言うエリアにある菊水小路。


菊水小路と同じ松風町にある海鮮居酒屋函館山で夕飯。

写真のサラダとお刺身の他にお鍋やホタテ焼なども頂きましたがどれも美味しかったです。

スポンサーリンク

宿泊した所

2泊3日の旅行だったのですが、1泊目は湯の川温泉、2泊目は函館駅前とホテルを変えて滞在してみた。

花びしホテル


花びしホテルは湯の川温泉の中でも大型のホテル。


宿泊したのは末広亭の和室(12.5畳)


部屋に露天風呂も着いています。(大浴場も2つあるのですが、とても良かったです。)


夕飯はお部屋、朝食はレストランでのバイキング形式。

宿泊料の半分くらいは夕飯の料理料金になっているのかなと思うくらいに豪華な食事でした。


毛ガニは1人1杯。


いかそうめんは本当に麺類を食べているみたいだった。


〆にはいくらとウニご飯も出たり。

夕飯の量が多いのを想定して昼間あまり食べないようにしていたのに、食べきることができませんでした。

・花びしホテル
https://www.jalan.net/yad312243/

Villa Concordia Resort&Spa

ヴィラコンコルディアは市電の十字街駅の近くにあるホテルで、函館山ロープウェイ乗り場の近くにあります。


宿泊したプレジデンシャルスイートは116平米のとても広いお部屋。


ツインのベッドルームが2つあるので、グループでの宿泊に適しているかもしれません。


お風呂も各ベッドルームに着いていてとっても便利でした。


朝食はフレンチトーストのコースみたいな感じだった。

・Villa Concordia Resort&Spa
https://www.jalan.net/yad360942/

スポンサーリンク

旅行期間中天候が悪く、動き回る事がほとんどできなかったのですが(函館山に夜景を見に行くのとか寒くて寒くて諦めた)、雪国を体験できて逆に良かったかなとも思っています。

沖縄に行くなら夏が良いのと同様に、北海道に行くなら冬が良いのかなと思います。


-旅行記