下書きブログ

なんでもかんでもネタになれば…

荏原中延にある多賀野の中華そばのスープが大好きです

2016/03/10

東急池上線の荏原中延にある中華そば屋さんの多賀野。
食べログでの評価も凄い高いお店です。

写真(1)
多賀野に行くとき以外に降りた事が無い駅、荏原中延。

写真(2)
多賀野は荏原中延駅を出てすぐ目の前にあります。歩いて15秒。

この日は夜の部が始まる18時ぴったりに着いたのですが、席は満席でさらに5人ほど並んでいました。
購入したのは中華そばの大盛り(800円)です。王道ですね!
待つ事25分。ついにラーメンにありつけました!

写真
見た目はこんな感じです。

やっぱりこのあっさりだけど、ただのあっさりじゃないスープがおいしい。
醤油ベースの煮干し系なんだけど、他にもいろいろで出汁とってます。背脂もほんの少しだけ浮いてたり。
スープの説明書きを見ると豚骨とか、丸鶏とか昆布とかいろいろ合わさってるらしい。
スープほんとにグビグビ飲んじゃいます。

だがしかし、周りのお客さんの半分以上はつけ麺を食べているではないか。
中華そばだけしか前はメニューになかったはずなのに。
いつのまにかつけ麺の方が有名なお店になってしまったのか。

という事でまた訪問。

今度は昼の11時35分にやってきました。
またしても満席で、今回は10人近く並んでいます。

中華そばと違ってつけ麺にはいろいろメニューがあったのですが、最初なので一番オーソドックスな物をチョイス。
豚鴨つけそば大盛り(850円)をオーダーしました。
食券を渡すときにあつもりをお願いしたのですが、多賀野ではやっていないと断られてしまいました。

待つ事20分、目の前につけそばが運ばれてきます。

写真(3)
メンマと鴨となると、のりです。具は別皿でやってきました。
やっぱり鴨は脂が凄いですね。

写真(4)
そしてつけ汁。ネギたっぷりです。
よくある魚介系のドロドロつけ汁とは違う、さっぱり動物系のつけ汁。
こういう他とは違う味を出してくるお店っていいですよね!
つけ麺の凄いおいしいお店も、そこそこおいしいお店もみんな誤差的な戦いしてますからね。

写真(5)
麺です。
つけ麺って喉ごしが良いか小麦の味がしっかりかどっちかの場合が多いのですが、多賀野の麺は本当におそばに近い感じでした。
食感とか特に。
あのつけ汁にあわせるとこの麺って感じなのでしょうね。

あつもりはできなかったのですが、つけ汁の温め直しはできました。レンジでチンですが。
チンしてもらってからスープ割を入れて飲んでみたらあら不思議。醤油ベースのしっかりしたスープに変わってました。
スープ割に細工がしてあったんですね!
こういう細かい事って食べログとかでは評価されそうな気がする。

⇒多賀野のつけそばは宅麺で買えますよ!

両方食べてみましたが、僕的には多賀野は中華そばを食べに行くお店って感じですね。
つけ麺もいいですが、やっぱりあのスープが好きなんですよ。
塩分取りすぎかもしれませんが飲み干したくなるのです。
麺は残してもスープは残さないよ!





-ぼっち飯