下書きブログ

なんでもかんでもネタになれば…

2014年9月の株式投資結果

確定
26,508円

含み益
1,815,400円

確定利益は比較コム(2477)を売ったものです。
300株だけなのでたいしたことはありませんが。

9月は最後に大きく下げたので評価額ベースでは100万円くらいマイナスになってしまいました。
インタースペースの利確タイミングをミスったかなと反省です。
チャート綺麗だったんだけどね…。

2014年の今のところの成績はこんな感じ。
税金20%ってやっぱり高いですね。
20140930

ここ最近の成績はこんな感じです。

2014年09月:+26,508円
2014年08月:-215,924円
2014年07月:+516,018円
2014年06月:+1,103,117円
2014年05月:+722,006円
2014年04月:+2,127,843円
2014年03月:±0円
2014年02月:±0円
2014年01月:±0円
2013年全て:+7,035,888円
2012年全て:-515,989円
2011年全て:+191,659円
2010年全て:-288,687円

これはすべて税引き後の数字になっています。
特定口座を使っているので最後に年間の数字はずれると思います。

安定し始めたネット企業

ITバブル期のイメージがどうしても強いネット銘柄ですが、もう完全にインフラですよね。
高すぎるだろって銘柄もちらほら見かけますが、良い意味で地味な値動きの銘柄が増えてきていると思います。

上場ゴールを決めたような株価になってしまった銘柄でもその後コツコツ積み上げてる所は期待できると考えています。
現在株価が沈んでいる所は特に。

マーケットプレイス気になります!

僕はIT関連銘柄の中でもマーケットプレイス系が気になっています。
頑張って欲しいなと思っているが正解かもしれませんが。

実生活の中でもっと効率化して欲しい所はたくさんありますからね。

特に最近強く思うのは不動産系。
駅前に似たような不動産屋があったりします。
最後は目でみないと決められない部分はあると思いますが、もっと効率化・簡素化できるはずです。

営業マンが高収入を得ている様な業界は絶対にチャンスありだと思っています。
マーケットプレスが充実する事により1人でも営業マンを減らす、給料を減らす方が消費者には幸せなはずですからね。

富裕層向けのコンシェルジュ的な営業マンは残っていくべきでしょうが、普通のどこにでもいる営業マンはみんないなくなればいいと思ってます。
情報をきちんと整理して届ければ仲介業者なんていらなくなるはずですから。

対象銘柄

この分野で上場しているのはこんなとこでしょうか。

・カカクコム
・ウェブクルー
・エイチーム
・比較コム
・じげん
・リブセンス

サーバーエージェントやリクルートなど大手も少しづつサービスを始めている様ですね。

そしてこれからどんどん出てくると思います。
今いる営業マンの数だけ市場はあるはずです。

小っちゃく始めて大きく育つ事業だと思うので、今時価総額が小さい銘柄でも一気に伸びたりするので注目して損は無いと思います。

比較コム

hikakukomu
最近規則正しく動いてくれているのでマイルールを作って売買しようと思っている銘柄です。

1000円~1050円くらいの値幅で買って、たまに起こる急騰時に売る。
ただそれだけ。

5000株くらいがスムーズに売れる限界だと思うのでそれくらいは仕込んでおきたい。
10%くらい毎月抜ければいいかなって。

おすすめ

今までに読んだ投資系の本の中で一番おすすめのヤツ→相場心理学入門・ゾーン
使ってる証券会社→カブドットコム証券

現在の保有銘柄
インタースペース(2122)
ブロッコリー(2706)
比較コム(2477)


-株式投資